よしまちぱぶりこ

うなぎ
吉田のうなぎ吉田のうなぎ

荒廃した田んぼから
養鰻に最適な土地へ

身がやわらかく脂のり抜群の吉田うなぎは、町いちばんの人気者。
そんな吉田うなぎの歴史は、大正時代まで遡ります。
大井川の度重なる洪水により被害を受けていた川尻地区。
洪水による土砂が原因で、田んぼの下からは
大井川の冷たい水が湧き出てくるように…。
その結果、稲はうまく育たなくなってしまったのです。
農家は田んぼを諦め、町外へ働きに出るしかありませんでした。
そんな状況を打開しようと立ち上がったのが、久保田恭でした。
“大井川の冷たい水”に目をつけ、川尻で養鰻をはじめたのです。
ここから、吉田うなぎの歴史がはじまりました。

イメージ

荒廃した田んぼから

養鰻に最適な土地へ

イメージ

身がやわらかく脂のり抜群の吉田うなぎは、町いちばんの人気者。そんな吉田うなぎの歴史は、大正時代まで遡ります。
大井川の度重なる洪水により被害を受けていた川尻地区。洪水による土砂が原因で、田んぼの下からは大井川の冷たい水が湧き出てくるように…。
その結果、稲はうまく育たなくなってしまったのです。農家は田んぼを諦め、町外へ働きに出るしかありませんでした。そんな状況を打開しようと立ち上がったのが、久保田恭でした。“大井川の冷たい水”に目をつけ、川尻で養鰻をはじめたのです。ここから、吉田うなぎの歴史がはじまりました。

吉田のうなぎの歴史

イメージ
Yoshida no “UNAGI” History Yoshida no “UNAGI” History
大正11年
吉田地方の養鰻業は、久保田恭氏らによって、当時の吉田村川尻坪地区に創設された川尻養魚組合養魚場が最初でした。稲作には不適切である地下から滲出(しんしゅつ)する大井川の冷たい伏流水が、養鰻には最適であることを知った久保田氏らの力で、それまで天然のものとされていた鰻の養殖が事業化されることになりました。
大正14年
当初、1町4反(14,000㎡)の養鰻池は、大正12年以降に次々と築造され、大正14年には10町9反(108,000㎡となりました。飼料用の生魚や鰹の頭など加工残渣(ざんさ)が入手し易く、東京・大阪の二大消費地へ鉄道便で運搬できる有利な地理的条件を備えて、その後の養鰻業発展の基礎になりました。
大正15年
任意組合「榛原魚田組合」を設立、創業から4年後の養鰻池は、12町1反(120,000㎡)、18経営体になりました。
昭和14年
養鰻池面積は102町歩・組合員は163名となりました。
昭和24年
榛原養殖漁業協同組合設立
昭和40年
吉田うなぎ漁業協同組合設立
昭和43年
榛原養殖漁業協同組合と吉田うなぎ漁業協同組合が共同で、「鰻加工場」を建設、加温ハウス池のシラス飼育が始まる
昭和45年
吉田うなぎ漁業協同組合が「鰻種苗センター及び観賞魚市場」を建設
昭和47年
榛原養殖漁業協同組合と吉田うなぎ漁業協同組合が合併し「丸榛吉田うなぎ漁業協同組合」が設立
平成20年
丸榛吉田うなぎ漁協・焼津養鰻漁協・大井川養鰻漁協・中遠養鰻漁協が合併し「静岡うなぎ漁業協同組合」が設立
大正11年
吉田地方の養鰻業は、久保田恭氏らによって、当時の吉田村川尻坪地区に創設された川尻養魚組合養魚場が最初でした。稲作には不適切である地下から滲出(しんしゅつ)する大井川の冷たい伏流水が、養鰻には最適であることを知った久保田氏らの力で、それまで天然のものとされていた鰻の養殖が事業化されることになりました。
大正14年
当初、1町4反(14,000㎡)の養鰻池は、大正12年以降に次々と築造され、大正14年には10町9反(108,000㎡となりました。飼料用の生魚や鰹の頭など加工残渣(ざんさ)が入手し易く、東京・大阪の二大消費地へ鉄道便で運搬できる有利な地理的条件を備えて、その後の養鰻業発展の基礎になりました。
大正15年
任意組合「榛原魚田組合」を設立、創業から4年後の養鰻池は、12町1反(120,000㎡)、18経営体になりました。
昭和14年
養鰻池面積は102町歩・組合員は163名となりました。
昭和24年
榛原養殖漁業協同組合設立
昭和40年
吉田うなぎ漁業協同組合設立
昭和43年
榛原養殖漁業協同組合と吉田うなぎ漁業協同組合が共同で、「鰻加工場」を建設、加温ハウス池のシラス飼育が始まる
昭和45年
吉田うなぎ漁業協同組合が「鰻種苗センター及び観賞魚市場」を建設
昭和47年
榛原養殖漁業協同組合と吉田うなぎ漁業協同組合が合併し「丸榛吉田うなぎ漁業協同組合」が設立
平成20年
丸榛吉田うなぎ漁協・焼津養鰻漁協・大井川養鰻漁協・中遠養鰻漁協が合併し「静岡うなぎ漁業協同組合」が設立
そんな、吉田のうなぎを味わう、取り寄せる。 そんな、吉田のうなぎを味わう、取り寄せる。
来て味わう来て味わう

吉田で食す

吉田で食す

身はフワッと、脂のり抜群で、臭みのない吉田うなぎ。
そのおいしさは、うなぎ通をも唸らせます。
町内には、おいしいうなぎが食べられるお店がたくさん!
それぞれのこだわりや異なる味付けを、ぜひお楽しみください。

よしまちチョイス ”べっぴん”さん

各店舗の暖簾をくぐる
おウチで味わうおウチで味わう

自宅で食す

自宅で食す

吉田うなぎを、お家でいただいてみませんか?
いつもと違うものを味わいたいときや特別な日など、
ちょっと贅沢なひとときにピッタリ。
出来立てのおいしさをお家にお届けします

よしまちチョイス ”べっぴん”さん

各店舗の暖簾をくぐる